急いでいるときやりがちなNG洗顔例3

MENU

急いでいるときやりがちなNG洗顔例3

多くの女性にとって、最初に覚えたスキンケアは洗顔だと思います。

 

「スキンケア」と言う言葉を意識する前から、当たり前のように洗顔を行っていましたよね。
それくらいなじみが深く、スキンケアの基本中の基本とも言える洗顔ですが、だからこそつい自己流で行ってしまい、肌に悪い習慣を続けてしまっている可能性もあります。

 

ここでは、NG洗顔例、特につい急いでいるときにやってしまいがちな失敗例を3つご紹介します。

 

湯船のお湯でそのまま洗ってしまう。

 

まず、お風呂で洗顔するときに、湯船のお湯を使って洗うことです。

 

これは何がまずいかと言うと、お湯の温度が高すぎることが問題です。

 

湯船の温度は大体38〜42℃程度に設定している方が多いと思います。38℃でも入るとかなりぬるく感じるくらいですが、それでも洗顔には熱すぎて向きません。

 

洗顔には、35℃前後のお湯が適していると言われています。

 

冷たすぎても皮脂や汚れが落ちませんが、逆に熱すぎると皮脂を落としすぎてしまい、乾燥の原因になることがあります。
湯船のお湯を使って洗顔する際は、お水を少し足して、相当ぬるく感じる程度まで温度を下げてから使いましょう。

 

シャワーを直接顔に当ててしまう。

 

次に、シャワーを直接顔にかけて洗うことです。
これは、上記の湯船のお湯のケースと同じように、お湯の温度も問題なのですが、それプラス問題なのがシャワーの水圧です。
シャワーの水圧はかなり強いので、直接顔に当てると刺激になってしまい、シワや乾燥につながる恐れがあります。

 

シャワーを使う際は、一度手のひらや手桶にくんでから使うのがおすすめです。
忙しくてシャワーだけですませる日などについやってしまいがちですが、手のひら手桶にくむというひと手間で、肌にぐんと優しくなります。

 

あまり泡立てずに洗ってしまう。

 

最後に、洗顔料の泡立てが足りないことです。

 

たっぷりの泡で洗った方がいいことは広く知られていると思いますが、急いでいるとなかなか泡立てる暇がなかったりしますよね。
そんな場合におすすすめなのが、泡立てネットを使うことです。

 

泡立てネットを使うとかなり時短できるので、忙しい方でも濃密な泡を作りやすいです。

 

ただ、使い終わったネットはきちんと干して乾燥させておかないと、雑菌が繁殖してしまい逆効果ですので気をつけましょう。

 

また、たっぷりの泡を作ろうと、洗顔料を必要以上にたくさん使うと、洗浄力が強くなりすぎてしまい乾燥の原因になります。

 

パッケージに書かれている使用量を守って、丁寧に泡立てるのがおすすめです。

 

「ネットを使うのすら面倒くさい、時間がない」という方には、泡で出てくるポンプ式の洗顔料がおすすめです。
これなら、ポンプを押すだけなので簡単で時間もかかりませんし、使用量も分かりやすいので便利です。

 

以上が、急いでいるときについやりがちなNG洗顔例です。

 

「今日くらいいいや」という気のゆるみの積み重ねが将来の肌に響いてしまうので、できることから気をつけたいですね。