オールインワンゲルの「朝ケア」「夜ケア」のコツ

MENU

オールインワンゲルの「朝ケア」「夜ケア」のコツ

オールインワンゲルは洗顔後に肌に塗って、スキンケア終了!
という手軽さが魅力の化粧品ですが、少し工夫するだけで、さらに効果的に使うことができます。

 

朝と夜に分けて、それぞれのコツをご紹介します。

 

まず、朝です。

朝のポイントは、その後のメークの邪魔をしないようにしっかり浸透させることです。

 

通常より少し少なめのゲルを手のひらにとり、手のひら全体で一気に素早く肌にのばします。
小鼻や目の周りなど細かいところは指の腹を使うとやりやすいです。

 

何度も細かく塗っていくとゲルが固まってモロモロの原因になるので、一気に塗るのがおすすめです。

 

また、ゲルが多いとメークのノリが悪くなるので、少し少なめの方がきれいに仕上がります。

 

肌に伸ばしたら、手のひらで顔を包み込むように軽くプレスして、しっかり浸透させます。

 

すぐにメークするのではなく、少なくとも10分以上置いてからメークすると、モロモロが出にくく、きれいにメークできます。

 

それでもベタつきが気になる場合は、メークの前にティッシュペーパーを肌にのせて軽く押さえるようにすると、余分なゲルが取れてメークしやすくなります。

 

次に、夜です。

 

夜のポイントは、肌をゲルでラップして寝ている間の乾燥を防ぐことです。

 

肌の新陳代謝が活発になるのは夜なので、夜の間にしっかり肌に栄養と水分が行き渡るようにしたいものです。

 

そこで、夜のお手入れでは、朝よりも少し多めのゲルを使いましょう。

 

伸ばし方は、朝と同様、手のひら全体で伸ばしてOKですが、その後に、目や口の周りなど、乾燥や小ジワが気になる場所だけに、ゲルを重ね塗りします。

オールインワンゲル使い方朝夜

重ね塗りすることで、より保湿効果が高まります。

 

最後に、朝と同様、手のひらで包み込んで浸透させます。

 

肌に浸透させることは大切ですが、朝のように上からメークするわけではないので、肌の上に少しゲルが残ってベタつくように感じても、あまり気にしなくて大丈夫です。

 

肌をパックしながら寝るイメージでしょうか。

 

肌を触ったりこすったりすると、モロモロが出やすくなるので、あまり触らないようにしましょう。

 

朝と夜の少しの工夫で、オールインワンゲルの効果がさらに高まります!

 

 

オールインワンゲル コスパ