いざというときのために「お助けコスメ」を用意しておこう!

MENU

いざというときのために「お助けコスメ」を用意しておこう!

皆さんはスキンケア用の化粧品をいくつ持っているでしょうか?

 

化粧水からクリームまでを1品ずつ1種類という方も多いかもしれません。

 

しかし、できれば肌の状態やライフスタイルに合わせて、複数持っておくのがおすすめです。

 

美容家やモデルの中には、4〜5種類の化粧品を使い分けている人もいると言います。
さすがにそこまでは難しいと思うのですが、おすすめなのは3種類そろえておくことです。

 

まずメインは、普段使っている化粧品です。
3種類そろえると言ってもメインはこの化粧品で、ほかの2つは、困ったときの「お助けコスメ」になります。

 

1つめのお助けコスメは、敏感肌用の低刺激コスメです。
これはどんなときに役立つかというと、生理前や季節の変わり目など、肌が敏感に傾いてしまったときに使います。
もともと肌が敏感でない人でも、生理前や春先などはホルモンバランスの関係から肌が敏感に傾きやすいです。

 

また、体調を崩したり、ストレスが溜まったりしたときも肌が敏感になったりします。
肌が敏感に傾くと、普段使っている化粧品でも刺激を感じるときがあるので、そんなときのために敏感肌向け化粧品を1つ用意しておくと安心です。

 

肌が敏感に傾いてしまい、普段の化粧品が合わなくて肌が余計に荒れてしまい、なかなか治らない・・・というトラブルは意外とよく起こることです。

 

敏感肌用コスメを1つ持っておけば、トラブルを最小限に抑えることができます。

 

もう1つのお助けコスメが、時間がないときのための時短コスメです。
これはオールインワンゲルが便利です。

 

普段はきちんとスキンケアを行っていても、疲れていたり忙しかったりして、スキンケアに時間や手間が割けない日もありますよね。
そんな日のお助けコスメとして、お手入れが1品ですむオールインワンゲルを1つ持っておくと便利です。

 

疲れているからと化粧水だけ塗って寝るよりは、オールインワンゲル1つを塗って寝たほうがはるかに肌にためです。

 

節約やダイエットもそうですが、いつも完璧を目指していると疲れてしまったり、長続きしなかったりするものです。

 

適度に手抜きができるものを用意しておくのも賢い方法だと思います。
これらのお助けコスメを用意しておくと、何かあったときに助けてくれるので便利です。
お助けコスメをぜひ常備しておきたいですね。