「年齢不詳肌」にはアイケアが欠かせません!

MENU

「年齢不詳肌」にはアイケアが欠かせません!

歳を重ねても若々しい、いわゆる「年齢不詳肌」は女性の憧れです。

 

「20代までの美肌は生まれ持ったものだけれど、30代以降の美肌は自分で作るもの」とよく言われます。
いつまでも若々しい肌は、決して生まれ持った肌質でなく、スキンケアの積み重ねが作るということですね

 

。そんな年齢不詳肌になるために、必ず行いたいスキンケアがあります。
それはアイケアです。

 

なぜアイケアが必要かというと、目回りの皮膚は、人間の体の中で最も薄く、その薄さは顔のほかの部分の半分以下と言われています。
さらに、一日に1万〜2万回以上するとされるまばたきによって常に動いているので、シワができやすいのです。

 

よく漫画などで、年輩の方を表現するために目回りにシワを描くように、目回りにシワがあると、それだけで一気に老けて見えます。
このような環境から、目回りには特別なケアが必要なのです。
アイケアには、アイクリームによるケアが効果的です。

 

アイクリームは、皮膚の薄さやまばたきによる運動など、目回りの環境を考えて作られた専用のクリームなので、やはり普通のクリームとは効果が違います。

 

できれば、普段のスキンケアにアイクリームをプラスしたいところです。

 

アイクリームを持っていないという方は、普段お使いのクリームを目元に重ね塗りするだけでもだいぶ違いますので、ぜひ試してみてください。

 

そしてアイケアには、その塗り方も大切です。

 

上記のように、目回りの皮膚はとても薄いので、少しこするだけでシワやくすみの原因になってしまいます。

 

紙で考えると分かりやすいのですが、普通のコピー用紙などを指でこすっても大してシワは寄りませんが、習字などに使う薄い半紙をこすると、あっという間にしわくちゃになってしまいますよね。

 

同じようなことが皮膚にも言えるわけです。

 

そのため、アイクリームを塗るときは、力を入れずにそっと塗ります。

 

コツは指の使い方です。
人差し指で塗らず、中指や薬指で塗ります。なぜかというと、人差し指を使うより、中指や薬指のほうが力が入りにくいからです。
さらに、指の腹でそっとのばしたら、あとはポンポンとなでるようになじませます。
アイクリームを塗ることで、シワの予防はもちろん、血行不良によるくまなども防げます。

 

また、クレンジングや洗顔のときも、目回りは特にこすらないように心がけてみてください。
アイケアはできるだけ早く始めたほうがいいとされ、「25歳を過ぎたらアイクリームを使うべき」と話す専門家もいます。

 

今日から早速アイケアを始めてみませんか?