時間をかけずにできる美肌洗顔改善法

MENU

時間がなくてもコツを押さえれば美肌になれる!

年齢を重ねるごとにどうしても肌体力は落ちてしまいます。

 

若い頃は何もしなくてもツルツルだったのに・・・と思うのは特別なことではありません。
誰にだって起こる現象なので仕方がないんです。

 

いつまでも若々しい肌を保つためには、丁寧なスキンケアが効果的ですが、忙しいとなかなかうまくいきませんよね。

 

丁寧にスキンケアをしようと思っても、なかなか時間がないという方も多いと思います。

 

でも、時間をかけなくてもポイントを押さえれば、美肌に近づけます。

 

特に、スキンケアの基本である洗顔を少し見直すだけで、肌はぐんと見違えます。

 

ここでは、時間をかけなくてもできる洗顔改善法を3つご紹介します。

お湯の温度は「ちょっと冷たい」くらいが適温!

まず見直したいのが、洗顔時のお湯の温度です。

 

ぬるま湯で洗うというのは広く知られていますが、このぬるま湯、人によってかなり差があります。
そして、実は肌にとって熱いお湯で洗っている方が多いんです。

 

肌に触れたときに「ほんのりあったかい」と感じる程度だと熱すぎてしまいます。
肌にとっての適温は35℃程度ですが、これは体温より少し低いくらいなので、肌に触れたときに「ぬるい」というよりも、「ちょっと冷たい」と感じる程度です。

 

特に気温が低くなる秋冬は、無意識にお湯の温度を上げてしまう傾向にあるので、注意が必要です。

 

冷たすぎても汚れが落ちませんが、熱すぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまって乾燥を招いてしまうので、いつもよりぬるめに設定してみることをおすすめします。

すすぎはあと5回プラス!

次に、すすぎの回数を増やすことです。

 

肌に洗顔料が少しでも残ってしまうと、それが刺激になって肌トラブルにつながります。
きちんと泡立てて丁寧に洗っている人でも、すすぎは意外と意識していないことも多いんです。

 

「洗い流せたな」と思ってからさらに5回すすぐと、完璧に泡を洗い流すことができるのでおすすめです。

 

とくに、髪の生え際や、あごなどは洗い残しが多いので、注意してみてください。

タオルは家族と共有しないで!

最後に、自分専用のタオルを用意することです。

 

洗顔後の顔をどんなタオルで拭いているでしょうか?
洗面所にかかっているタオルで拭いている方も多いと思いますが、そのタオルは家族の方も使っていますよね。

 

いろんな人が使ったタオルはどうしても汚れてしまいますし、また何度も拭いて湿ったタオルは雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

せっかく洗顔できれいになった肌を、雑菌だらけのタオルで拭いてしまっては、元も子もありません。

 

できれば自分だけの、しかも洗顔専用のタオルを用意することをおすすめします。

 

これは美容家やモデルさんもよくやっている方法なんですよ。

 

以上が、時間をかけずにできる洗顔改善法です。
どれも簡単にできることばかりですので、忙しい方でも実践しやすいと思います。
ぜひ試してみてください!