オールインワンゲルってほかの化粧品と一緒に使ったらダメ?

MENU

オールインワンゲルってほかの化粧品と一緒に使ったらダメ?

乾燥がひどい日はほかの化粧品をプラスしてもOK!

 

オールインワンゲルの魅力は、洗顔後のスキンケアが1品ですむこと。
でも中には、乾燥がひどくて1品じゃ物足りないと感じる日もあるかもしれません。
そんな日に感じる疑問が、「化粧水やクリームを使ってもいいのかな?」というもの。

 

オールインワンゲルを使ったことがある方なら、一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

 

答えは○。

 

オールインワンゲルは、化粧水や美容液、クリームなどの機能が1品になったものですが、
通常のスキンケアでも化粧水を2本重ねて使ったりすることもありますよね。

オールインワンゲル使い方

他の化粧品と重ねて使ったからといって効果が薄くなることはありません。
例えるならば、リンスインシャンプーにリンスをプラスするようなイメージでしょうか。

 

ただし、重ねるアイテムには注意が必要です。

 

オールインワンゲルは、多くの機能をもたせ、多数の美容成分が入っているという特性上、こっくりとリッチなテクスチャーであることが多いです。
それゆえ、化粧品を重ねすぎたり、重ねる化粧品との相性が悪いと、
肌がベタついたり、モロモロとしたカスが出やすくなってしまいます。

 

このモロモロとしたカス、肌に悪いわけではないのですが、見た目や肌触りはよくないですよね。

 

そんなモロモロを避けるためにも、オールインワンゲルと相性のよい化粧品をチョイスしたいものです。

 

オールインワンゲルと一番相性がいいのは化粧水!

一番おすすめしたいのが、とろみのない、シャバシャバしたタイプの化粧水です。

 

使う順番は、化粧水→オールインワンゲルの順番です。

 

とろみのあるリッチな化粧水は肌の上に残りやすく、
それがオールインワンゲルと混ざってベタつきやモロモロの原因になるので、避けたほうがいいと思います。

 

また、化粧水は手のひらではなく、コットンでなじませる方がおすすめです。
手のひらでなじませると、なじまなかった余分な化粧水がやはり肌の上に残ったり、塗りムラが出てしまうことがあるからです。

 

コットンで丁寧になじませ、肌にしっかり浸透させてから、オールインワンゲルを塗りましょう。

 

オールインワンゲルはもともと単品でも肌に浸透しやすいように作られていますが、
化粧水をプラスすることでさらに浸透がよくなって、保湿力が高まります。

 

次におすすめなのがクリーム

クリームは、オールインワンゲルの後にのせます。
クリームはそもそも肌にフタをして潤いを閉じ込める働きをするものなので、お手入れの最後に使うと覚えてください。

 

ただ、もともとリッチなテクスチャーのオールインワンゲルの上にクリームをのせると、
どうしても肌表面の膜が厚くなってしまい、ベタつきなどが起こりやすくなってしまいます。

 

クリームをプラスするのは、化粧水をプラスしてもまだ乾燥が軽減されないという場合のみ、また夜のみにした方が無難です。
なぜ夜かというと、オールインワンゲル+クリームの上にファンデーションを塗ると、モロモロが出る可能性が高いからです。

 

乾燥が気になる日は、朝は化粧水、夜はクリームをプラスするという方法がいいかもしれませんね。

 

また、化粧水やクリームをプラスするのではなく、オールインワンゲルを重ね塗りする方法もおすすめです。

 

美容液をプラスする必要はなし!

最後に「じゃあ、美容液はどうなの?」という疑問にお答えしたいと思います。
美容液をプラスして悪いことはありませんが、特にプラスする必要はないと考えられます。
なぜなら、多くのオールインワンゲルにはすでに豊富な美容成分が含まれているからです。

 

どうしても使いたい場合は、美容液の使用感で使う順番を決めます。
みずみずしいさっぱりタイプならオールインワンゲルの前、コクのあるリッチなタイプなら後がおすすめです。

 

特に乾燥が気になる日は、こうした化粧品をプラスしてケアしてみてください。

 

 

 

 

 

オールインワンゲル コスパ